Cart

カート内に商品がありません

お買い物を続ける

Chinese Tea

中国茶について

紅茶や緑茶を始め、世界中で飲まれているお茶の起源は、今から数千年前まで遡ります。

発祥地である中国が広い国土を保有していることで、さまざまな品種の茶葉が育ち、何千通りもの種類が生まれました。

日本では貴族から始まった文化でしたが、中国のひとびとにとってお茶を飲むという行為は、書や琴のように、芸術のひとつとして“楽しむこと”でした。

日本の「茶道」よりも、もっと肩の力を抜いて、自由に味わうものだったのです。

だから、まずは家にあるもので。淹れ方も分からなくったって、大丈夫。

先人たちは、そうやって軽やかなこころでお茶を楽しんできたのですから。