買物

商品がありません

お買い物を続ける

中国茶とワインの意外な共通点 「香りと余韻を楽しむ」

目次

今までにないような華やかな香りと、綺麗な濁色を持つナチュールワイン。美味しいナチュールワインを気軽に飲めるお店も都内にはどんどん増えてきましたね。

ワインの香りに包まれる優雅な時間はなんと至福の時間でしょう。そんなワインと中国茶には多くの類似点があるのをご存知ですか?

今回の記事では、親和性の高いワインと中国茶について一歩踏み込んだ内容で説明しています。少しだけ専門的な内容もありますが、気軽に読めるようにしていますので、いつものようにお茶を片手にベッドにでも腰かけながらお読みください。







中国茶の生育条件「気候や土壌」



「このヴィンテージ(年)のこのワインは非常に良い出来です」

ワインが好きな方なら、このような言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これはその年の気温や雨量のような葡萄の生育環境が適切であったり、収穫前の気候にワインの質が大きく左右されるからです。しかし、原料の質が外れの年であっても、醸造家の腕によってはとても美味しく仕上がる事も往々にしてあります。

これは中国茶においても非常によく似ており、同じ茶樹から採摘された茶葉であっても、その年の気候条件によって味が大きく変わってしまいます。もちろんこれもワインと同じように、腕の立つ職人が製茶したものは、外れの年であっても美味しいお茶へと変貌を遂げることがあります。

ワインに造詣のある方なら知っているかもしれませんが、「シャンパン」はフランスのシャンパーニュ地方で、特定の醸造方法で作られたスパークリングワインしか名乗ることが出来ません。中国茶にもこれによく似た傾向が多数見られます


例えば「武夷岩茶」は福建省に位置している、非常に美しく険しい岩山「武夷山」の特定の地区で摘まれた茶葉を製茶した烏龍茶しか名乗ることが出来ません。
※実際には特定の地区外で採摘された茶葉を使った「武夷岩茶」も多く出回ってしまっているのが現状です。

一つの地区や同じワイン農家が白ワインと赤ワインのどちらも作っていることは、特段珍しい事ではありません。しかしその点、中国茶に関しては一つの地域や同じ畑で「プーアル茶」と「烏龍茶」のように違うカテゴリーのお茶を生産することは殆どありません。

気候や土壌によって栽培に適した品種があるように、基本的には一つの地域で単一の品種が栽培される傾向にあります。「ここの茶園では白茶のこの品種しか育てていません」といったようにです。


様々な特徴を持ったお茶の種類が無数にあるのは、国土の広い中国ならではで面白いですね



鳳凰単叢鴨屎香の茶葉を拡大

ワインと似ている楽しみ方



さて、ワインと中国茶は製法だけでなく、そのものの楽しみ方も相似している点が多々あります。

以前の記事にも書きましたが、日本茶は日本酒と非常に共通点が多い飲み物です。そして、中国茶はワインととても共通点の多い飲み物だと言えます。

日本茶や日本酒は香りはもちろんですが「旨味や飲み口」を表現する言い回しがよく使われます。一方で、中国茶やワインは「香り」を表現する言い回しがよく使われます。「バラのような香り」「ナッツのような香り」のようにお茶やワインから感じる香りを似ているものの香りに例えることも、両者にとっての共通点となります。

また、中国茶とワインには「タンニン」や「ポリフェノール」といった共通している成分が多く含まれており、渋みや苦味を適度に感じることができます。飲み物に相性の良い食べ物を合わせることをペアリングと言い、特にワインを語る上で親しまれている言葉ですが、味や香りに重きを置いている中国茶でもペアリングは非常に効果を発揮します。

ワイングラスはワインの香りを最大限に楽しめる為に形成されています。グラスを鼻に近づけた時に立ち上る香りや、グラスに注がれた液体の美しい水色を楽しむのにワイングラスはとても向いているアイテムです。

いつもと少し雰囲気を変えたい時は、お茶にあう食べものと一緒にワイングラスで中国茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】中国茶と日本茶、台湾茶の違い >



グラスに注がれたレモンが添えられた中国茶

中国茶の価値と価格について



まず価格についてです。日本茶で100g数万円もするお茶は殆どありません。
これは日本酒でも同じで、高級なものでもある程度の値段の天井が存在します。ワインは1本数百万円のものが存在しているのは知られていると思いますが、中国茶も同じで100gで数百万円の値をつけるものも存在するのです。では、一体なぜこのような値段に跳ね上がるのでしょうか?

理由の一つはワインやプーアル茶のような一部の中国茶は長期熟成に向くということが理由にあります。長期熟成に向いている中国茶の代表といえばプーアル茶です。保存状態の良い何十年も前のプーアル茶やワインは希少価値が高くなり、投機の商材としてみられてしまうこともあり、値段が上がってしまいます。


また、中国のお茶愛好家の中でよく知られているような「生産量が極端に少ない」お茶には高い価値がつきます。そのようなお茶は本来は市場に出回ることは珍しく、お茶の関係者や政府の関係者の間で消費されることが多くなります。

「生産量が少ない」「長期熟成向き」

上記が大きなキーワードになります。このようなお茶は愛好家にとって喉から手が出る程欲しいものなので、とても高い値段がつきます。更に長期熟成に向いているので、何十年と保管していても価値が下がることなく、むしろ価値がどんどん上がるという仕組みになっています。

ここだけの話、中国では賄賂のような形で高級茶を贈与することもあったりするのだとか。



中国茶が注がれた二つのアイスカップワインが好きな人はワインを楽しむ時のように、ぜひ一度気軽に中国茶を飲んでみてはいかがでしょうか。お酒が苦手な方は、お酒の代わりにフワフワとした中国茶の香りに包まれてみて。優しい香りが心地良い茶酔いへと導いてくれるかもしれません。

この記事に書ききれなかったことも含め、中国茶とワインにはまだまだ多くの共通点があります。いつか中国茶がワインのように皆さんの生活に寄り添い、もっともっと身近な存在になる時が来ますように。



Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

中国茶の分類 | 紅茶「中国紅茶の有名な品種や味の系統」
中国茶の分類 | 紅茶「中国紅茶の有名な品種や味の系統」
街中や商業施設を歩けば、紅茶専門店を目にすることも多いはず。日本にも紅茶の愛好家は非常に多く、...
記事を読む
オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
中国茶のティーバッグに使用される茶葉は比較的安価なもので、クオリティの高い茶葉はあまり使われて...
記事を読む
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
「中国茶はどのように健康に良いんですか?」こちらはよく寄せられる質問の一つです。この答えはとて...
記事を読む
中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶専門店Haaのリリースから一周年のタイミングで、パッケージデザインを全面リニューアルいた...
記事を読む