買物

商品がありません

お買い物を続ける

美味しさ引き立つ中国茶「ティーペアリング」の魅力 | Haa

みなさんはペアリングという言葉を聞くとワインを思い浮かべるかもしれません。また、小難しい話が多くなってしまうような気もしませんか?

甘いクッキーを食べると紅茶を、おはぎや最中のような和菓子を食べると日本茶を無性に飲みたくなりますよね。もちろんそれぞれ単体で飲んだり食べたりしても美味しいのですが、組み合わせることによってそれぞれの良さが引き立って更に美味しく感じませんか?

このように2つの異なる食品を食べ合わせる、飲み合わせることによりそれぞれの美味しさを増長させる組み合わせのことを「ペアリング」と言います。上記のように特段意図している訳ではなくとも、ペアリングは身近にあるものなのです。

今回の記事では中国茶に関してのペアリングについて深掘りをしてみました。普段お酒を飲まない方でも楽しんでいただける内容になっておりますので、お茶を片手に楽しんでください。冷蔵庫に入っている食べ物が、今飲んでいる中国茶と絶妙なペアリングになるかもしれませんよ。







お茶請けとの相性



種類を問わず、お茶を楽しむ場には茶菓子が添えられることがあります。これは「お茶請け」と呼ばれ、お茶を引き立てる為に用意されることから「受け」ではなく「請け」の漢字が使われてるという説もあります。お茶請けはお茶に含まれているカフェインやカテキンが、空腹時の胃を痛めない為に食べる茶菓子の事で、日本茶では和菓子、中国茶ではサンザシや胡麻団子、ドライフルーツ等がお茶請けとして食べられることが多いです。

胃を守るという機能的な意味合いのみで食べるのではなく、それぞれのお茶に合わせてより美味しくお茶をお楽しみください。お茶といっても日本茶や、中国茶など様々なお茶があり、それぞれにマッチしたお茶請けがあります。その際に下記を意識して、お茶請けを選ぶといつもより更に美味しくお召し上がりいただけるかもしれません。


甘みの強い和菓子: 華やかさが弱く、渋みや苦味の強いお茶(日本茶など)
甘みの弱い和菓子: 香りが強く、渋みや苦味を抑えたお茶(中国緑茶など)
甘みの強い洋菓子: 香りとコクの強いお茶(紅茶など)
甘みの弱い洋菓子: 香りの華やかな、優しいお茶(白茶など)
果物: 渋みや苦味が強くなく、個性的な香りのお茶(白茶や淡い色の烏龍茶など)



カットされたマンゴー

マリアージュを楽しむティーペアリング



各種お茶の商品ページでも紹介をしている、Haaで販売している中国茶に合わせたペアリングを改めて紹介したいと思います。普通ではあまり見たことのないような組み合わせも記載してありますが、非常に優秀なペアリングを取り揃えていますので、チャレンジをしてみてください。

(鳳凰単叢鴨屎 - 烏龍茶)

合わせてみたいお茶請け: マスカット / 白桃(プラム)/ マンゴー

鳳凰単叢鴨屎香が醸し出すマスカットや桃のような芳香に、本物のフルーツを掛け合わせて。芳醇な香りがお茶の香りをより一層際立たせます。味にメリハリが欲しい時はマスカットや白桃、マンゴーのようなポッてりとした果物ではなく、ほんのりと酸味のあるプラムを選ぶのがおすすめです。

生果の調達が難しければ、旨味と香りのギュッと詰まったドライフルーツでも代用が出来ます◎

ティーバッグはこちら >

(白牡丹 - 白茶)

合わせてみたいお茶請け: わらび餅

ほのかに干し草のような香りがするお茶なので、きな粉がかかっているわらび餅だと香りの相乗効果はさらに良くなります。白牡丹の柔らかい香りが、きなこの炒った香りと、黒蜜の芳香と絶妙にマッチします。

渋みや苦味の弱いお茶なので、あまり甘みの強すぎる食べ物になると少々心許ないかもしれません。

ティーバッグはこちら >

(杭白菊)

合わせてみたいお茶請け: スパイスカレー

あまり馴染みのないカレーとお茶のペアリングですよね。深みがあり鼻の奥に抜けていくような爽やかな杭白菊の香りは、スパイスとの相性がとても良いです。まるで新たなスパイスを加えたよう。おうちでスパイスの効いたカレーを食べる機会に、チャイではなく菊のお茶で食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。

ティーバッグはこちら >


カットされたマスカット

ワインペアリングのすすめ



ワインと中国茶のペアリングは少し意外かもしれませんが、ワインが好きな方に提案させて頂きたい新しい飲み方です。ワインと中国茶が互いの香りの長所を補い合いながら一つになると、非常に心地良く新しい香りが発生します。また口の中で香りが徐々に変化していくというのも、中国茶とワインのペアリングの面白いところです。

中国茶の香りの特徴の一つとして、香りの余韻が長く残ることが挙げられます。反対にワインの香りはパンチ力がある反面、お茶の香り程長く余韻が続きません。

ワインの香り→ワインとお茶の混ざった香り→お茶の余韻

それにより上記のように、お茶の余韻でワインを飲んだ口が最後はとてもサッパリするという効果を得ることもできます。悪酔いを防ぐという効果もあるので、翌日に響きやすい人にとってはチェイサーの代わりとしても最適かもしれません。

①最初にワインを一口味わう
②ワインの香りが口に残っている状態で、中国茶を飲む。

ワインと中国茶の合わせたい種類ですが、赤ワインには濃い色のお茶(烏龍茶、紅茶、プーアル茶など)、白ワインには淡い色のお茶(白茶、緑茶、花茶など)を合わせると、上手なペアリングとして成立することが多いので覚えていても良いかもしれません。

一般的には赤ワインには肉料理が合うとされていますが、色の濃いお茶も脂質をサラリと流してくれることや、落ち着いた深い香りを持つので、お肉料理との相性がとても良いです。3つ以上の食品を合わせることは「トリプリング」と呼ばれるのですが、食事、ワイン、中国茶の3つの旨味や香りが合わさった時に、驚くほどそれぞれの良さを高め合うので、ぜひこちらもお試しください。

販売をしている中国茶とワインを使った3種のトリプリングのオススメを紹介します。

・牛肉料理 / 赤ワイン(シラー) / 岩茶春蘭
少しマニアックな組み合わせになりますが、ステーキなどの牛肉料理にスパイス系の香りのするシラーという品種の重たい飲み口のする赤ワイン、ナッツのような香ばしさと華やかさを持ち合わせた岩茶春蘭をペアリングさせると、非常に贅沢なマリアージュが生まれます。



並べられたマンゴー中国茶のペアリングについて少しお分かりいただけましたか?

少々難しかったかもしれませんが、皆さんがお茶を美味しく飲む為の手助けとなったら幸いです。身近にある手ごろな食べ物が、案外美味しいペアリングとなることもありますので、中国茶の香りと余韻を存分に使いながら、あなた自身の中国茶ペアリングを考えてみてください。



Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。