買物

商品がありません

お買い物を続ける

オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」

目次

中国茶のティーバッグに使用される茶葉は比較的安価なもので、クオリティの高い茶葉はあまり使われてきませんでした。これでは中国茶の醍醐味である、一口飲み干した後にフワッと戻ってくる「戻り香」、リラックス成分がたっぷり詰まったお茶を飲んだ後に感じる「茶酔い」を体験することは少々難しいかもしれません。

「上質な中国茶の茶葉をティーバッグにするのは勿体ない」という意見もありますが、それは間違ってはいないと思います。ティーバッグにするには茶葉をある程度は粉砕しないといけない、マグカップで飲むとなると温度の管理が難しくなる。との声ももっともだと思います。

でも、やっぱり質の高い茶葉を使えば、ティーバッグであっても中国茶の良さを十分に実感することができます。そして正しい淹れ方をすることにより、茶器を使いリーフで淹れた時と遜色のないお茶に仕上げることができます。もちろん多少雑に淹れても美味しく仕上がりますので、自信がない方もご安心ください。

美味しい中国茶を買いに行きたくても、どこでどのようなお茶を買えばいいのかわからない。Haaではお出かけしなくてもオンライン通販で中国茶を購入することができます。

また、遠くに住んでいるご友人にもギフトとしても送りやすい仕掛けが沢山施されています。親指一本で、大切なあの人に幸せを届けてみませんか?







ゆったりとお茶を楽しむ時間



茶器を買うにはまだ一歩を踏み出せない。家に茶器を置くスペースが無い。中国茶に興味があっても茶器を持っていないという方は意外と多くいます。

自分のお気に入りの茶器を使い、温度や時間に気を使いながらお茶を淹れているゆったりとした時間。茶杯に注いだ瞬間からゆらゆらと立ち上り部屋中にふわっと広がる優しいお茶の香り。

忙しい日常から強制的に切り離されたその時間は、優しい手つきで心身をゆっくりと揉み解してくれているようです。ゆったりとお茶を淹れている時間、それも中国茶の醍醐味の一つだといえるでしょう。


しかし、それだけが中国茶の楽しみ方でしょうか?


もっと気軽に茶器で淹れたような香り高いお茶を飲みたい。忙しい朝にも、さくっと美味しいお茶を飲みたい。毎日頑張っている皆様はそんなわがままくらいいってもいいのではないでしょうか。




蓋碗で蒸される中国茶のティーバッグ

マグカップでも茶器で淹れたように



茶器を使わないと香り高いお茶を淹れることは出来ないのでしょうか?

いえいえ、マグカップとティーバッグでも美味しく淹れるコツを知っていれば、まるで茶器で淹れたようなお茶として楽しむことができます。

ではここで、マグカップでも茶器で淹れたようなふわーっと後を引く香りを引き出すポイントをご紹介いたします。ほんの少しの手間でティーバッグのポテンシャルを最大限まで引き出してみましょう。


1.マグカップをお湯で温める
ティーバッグ をマグカップに入れる前に熱いお湯をマグカップに注ぎ、マグカップが温まるまで少し待ちます。このお湯は使わないので、お湯は流して捨てて下さい。

2.蓋をしながら蒸らす
蓋つきのマグカップを持っていないことも多いと思いますので、何か蓋の代わりになるものでもOKです。お皿の裏側であれば、どのような方でも利用できるのではないでしょうか。

お湯の温度に注意
低い温度のお湯で抽出するのがベターな緑茶に熱湯を注いだり、高温で抽出したい烏龍茶を低い温度で淹れてしまうと、苦味が出たり、香りが弱くなったりしてしまうので、まずは記載されている温度でお茶を淹れてみましょう。低い温度のお湯でも、一度沸騰させて冷ましてから使用しましょう。


忙しい時には少しだけ手間に感じるかもしれませんが、上記の3に注意するだけで、注いだお湯の温度を一定に保つことができます。沸騰したお湯を冷めたマグカップに注ぐと、それだけで10度近く温度が下がってしまいますし、蓋をしなければ、蒸らしている間にもどんどんとお湯の温度が下がります。

お湯の温度は美味しく抽出するにあたって、重要なポイントの一つであると覚えておいてください。



ひとつまみの茶葉の拡大

ティーバッグを使って一工夫



ここでは上質な茶葉を使ったティーバッグだからこそ出来る、一歩進んだ楽しみ方をご紹介いたします。質の高い中国茶は、ティーバッグで淹れても何煎も楽しむことができます。

まずはマグカップで1煎目を楽しんでみましょう。まだまだ2煎目、3煎目と飲み進めていくことは可能ですが、余力がしっかりと残っているティーバッグを500mlのペットボトルのお水にそのまま1晩漬け込んでみましょう。この際に使用するお水は、軟水のミネラルウォーターか浄水器を通した水道水が理想です。外国産のお水に多い、ミネラルを豊富に含んだ硬水ではうまく抽出できないことがあります。

※また、衛生面や抽出温度の関係から常温ではなく冷蔵庫で抽出をしてください。



マグカップで蒸らされるティーバッグとパッケージ今回紹介させて頂いたティーバッグでのお茶の淹れ方は、Haaのティーバッグ以外にも応用が効きます。良い茶葉を使用しているものであれば、より一層その効果を感じることができるでしょう。

忙しくとも美味しいお茶を。
忙しい中にも少しの工夫を。

中国茶を試したことがない方も、茶器を持っていない方も。是非とも家にあるマグカップとHaaのティーバッグで本格的な中国茶を体験してみてください。



Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶専門店Haaのリリースから一周年のタイミングで、パッケージデザインを全面リニューアルいた...
記事を読む
中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
飲食店やコンビニなど様々なシーンで目にするペットボトルの烏龍茶は、日本人にとって身近なお茶の一...
記事を読む
中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
「中国茶を淹れるのは難しそう。どんな茶器を使えば良いのか分からない」中国茶に興味を持ってくださ...
記事を読む
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国国内で一番作られていて、一番飲まれているお茶の種類はなんでしょうか?お湯が沸くまであと少し...
記事を読む