買物

商品がありません

お買い物を続ける

中国茶のギフト通販「季節の贈り物から引き出物まで」

目次

「まぁお茶でも飲んで下さい。」
「よかったらお土産にお茶をどうぞ。」

中国で過ごした(仕事をした)ことがある人は、一度はこのようなことを言われた経験があるのではないでしょうか。

同じお茶を飲み、人との距離を取り除く為の役割。なかなか会うことの出来ない友人や、来客との縁を繋ぐ為の役割。中国でお茶は様々なシーンで人同士を繋ぐ役割を担います。お茶を飲みながら雑談をする時間、自分にとって大切な人に贈り物として渡すお茶。

「お茶を貰って嫌な人はいない。」

まさにその通りで贈り物としての汎用性はとても高く、どのシチュエーションでも喜んでいただけます。いまでは通販で商品を購入し、そのままギフトとして人に送ることも手軽になりました。Haaではデジタルギフトカードの販売も好評ですが、この記事ではお茶だからこその、季節感やメッセージ性を込めたギフトの選び方を紹介したいと思います。そして、最後に初心者の方におすすめの通販でのお茶の選び方もまとめています。







季節のご挨拶やお祝いごとに



薬膳では、食べ物や飲み物には身体を温める「温性」と身体を冷やす「涼性」があると考えられています。(寒性、熱性という程度の強いものもありますが、ここでは割愛しますね)
中国茶にもその分類毎に温性のもの、涼性のものがあります。

季節に適したお茶を上手に取り入れることにより、ただ美味しいだけではない嬉しい効果を得られます。また、季節の移り変わりに寄り添ったお茶をギフトとして贈答してあげると、より一層喜んで貰えるかもしれません。それに少し粋ですよね。


分かりやすく二つを定義をすると、「焙煎」「発酵」が強いものは「温性」のお茶が多いので、冬に向いているといえます。飲み口もほっこりとしたものが多く、寒さの厳しい時期に飲むと、より一層美味しく感じるものが多い印象です。

反対に緑茶や発酵の進んでいない白茶などは「涼性」なので、身体の熱を取ってくれる作用があるとされています。飲み口もとてもさっぱりしているので、夏の贈り物にはピッタリです。



温性(冬)→ 紅茶・黒茶
涼性(夏)→ 緑茶
どちらの場合も → 烏龍茶・白茶



安吉白茶の茶葉

四季に合わせて贈り物を



(春)
まず、新緑が力強く産声をあげる春にオススメしたいのは緑茶です。緑茶は薬膳でみると「涼性」となります。春には暖かい日も増え出すので、涼性のお茶も温性のお茶もどちらも美味しく飲めるでしょう。

新茶が収穫される時期でもあるので、摘みたての瑞々しい緑茶を味わうことができるのも嬉しい季節です。熟成させるとより美味しく頂くことの出来る種類のお茶も多数ありますが、緑茶に関しては収穫したての新茶が一番の飲み頃です。

一番旬のものをその時期に。大切な人に送ってみてはどうでしょうか。

→送迎、歓迎のお祝いに



(夏)
夏には白茶がオススメです。その中でも発酵度のあまり高くないものが暑い季節には特に向いています。白茶は弱発酵茶とも呼ばれています。非加熱の為、茶葉を発酵させる酵素がまだ生きているのですが、経年するとどんどんと発酵が進み「涼性」から「温性」へと移り変わります。

発酵度の低いものは、身体の熱を取り除いてくれる働きがある上に、飲み口もさっぱりしているので食欲が落ちる夏にもとても飲みやすい一杯となるでしょう。ミネラル分の補給のサポートにも◎

発酵の進んでいる白茶は「紅茶」のような穏やかさも兼ね備えるので、晩夏や初秋にぴったりではないでしょうか。

→暑中見舞い、残暑見舞いに



(秋)
寒くなり始める秋には温性の紅茶や烏龍茶をオススメします。栗やサツマイモといった、紅茶や烏龍茶に合う美味しい食べ物がたくさん出回るのもこの時期。

スイートポテトのような香りのする滇紅大金芽が、口の中でホクホクのサツマイモと合わさると、心も身体も芯まで温まります。季節感を感じることの出来るプレゼントは、やはり嬉しいですよね。

鳳凰単叢の甘い香りも秋の空との相性が抜群です。秋という素敵な時間をより良いものにして貰う為に。そんなお手伝いを。

→ハロウィンや秋の贈り物に



(冬)
寒さの厳しいこの時期にはミネラル分の豊富な烏龍茶(岩茶)をオススメします。
上質な岩茶は1杯飲むだけで、頬が火照ってくる程の血行促進作用を感じることができるでしょう。岩茶は香りも含めてまさに「ほっこり」を体現したようなお茶です。

→クリスマス、バレンタイン、年末のご挨拶に



集合したティーバッグ

初めて中国茶を購入される方へ



日本の緑茶を普段から飲まれている方は、ぜひとも中国の緑茶に挑戦してみては如何でしょうか?日本の緑茶が持つ「コク」「旨味」と、中国の緑茶が持つ「香り」それぞれの特徴を比べてみるのも良いかもしれないですね。

中国茶といえば「烏龍茶」のイメージがあるかもしれませんが、同じ烏龍茶でも様々な種類と特徴があるので、それぞれの違いを感じながら飲んでみるのもとても面白いです。あなたのお気に入りの中国茶を見つけてみてください。

中国茶は生産量が少ない場合もあり、売り切れてしまうことも往々にしてあります。次のシーズンに不作だったりクオリティが低い場合は、輸入をしなかったりと、、、お茶との出会いは一期一会ですので、気に入った物や気になるものがあれば無くならないうちに是非トライをしてみてください。

今回の記事では季節に合わせてお茶を選ぶ方法を紹介致しましたが、自分がギフトを送りたい人を想像して、その人が好きそう(その人に合いそう)なお茶を選んでみるのも気持ちが伝わり、とても素敵ですよね。



マグカップで蒸らされるティーバッグご自宅でゆっくりお茶を楽しむ時間や余裕を持つ人が増えたように感じます。そんな今だからこそ離れて暮らす大切な人に、お茶を贈るのはおすすめです。


Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
飲食店やコンビニなど様々なシーンで目にするペットボトルの烏龍茶は、日本人にとって身近なお茶の一...
記事を読む
中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
「中国茶を淹れるのは難しそう。どんな茶器を使えば良いのか分からない」中国茶に興味を持ってくださ...
記事を読む
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国国内で一番作られていて、一番飲まれているお茶の種類はなんでしょうか?お湯が沸くまであと少し...
記事を読む
中国茶の成分と嬉しい効能「美容や健康に役立つ効果」
中国茶の成分と嬉しい効能「美容や健康に役立つ効果」
最近では、美容や健康を目的として中国茶をお探しになる方も多いように感じます。ピンポイントな効能...
記事を読む