Cart

カート内に商品がありません

お買い物を続ける

初心者のための「中国茶の淹れ方入門編」



秋も段々と深まり、肌寒さをひしひしと感じる季節になりました。外出をする機会が減ってしまったこの1年、ご自宅でのお気に入りの過ごし方を見つける事ができましたか?

今まであまり読んでこなかったジャンルの映画を見たり、本を読んだり、お菓子作りや料理研究など。

飲み物に関してはいかがでしょうか?クラフトビールを飲み比べてみたり、お気に入りの豆を挽きコーヒーを入れてみたり。茶器を使い、これまで飲んだことのないお茶に挑戦された方はいませんか?

土曜日に営業するお店でも、中国茶の美味しい淹れ方を知りたいというお客様の声をよく聞きます。

「茶器の選び方が分からない。」
「淹れ方が難しそうで手を出せない。」

今回はそんな初心者の方でも分かる、簡単で美味しい中国茶の淹れ方をご紹介します。







準備しておきたいもの

・茶壷 or 蓋碗
茶壷でも蓋碗でもOKですが、最初は茶壺の方が簡単かもしれません。日本茶の急須でも代用はできますが、保温性を高める為になるべく小型のものがおすすめです。
※今回はあつかいが簡単で、手に入りやすい茶壺を使いました。

・茶杯(お猪口のような小さな湯呑み)
一人で飲むなら茶杯を使わずに、コップやマグカップでもかまかまいません。

・水
浄水か硬度の低い軟水

・茶葉
100mlに対して1.5-2.5g程度


あれば嬉しいもの

・茶海(茶壺や蓋碗で淹れた味の濃さを均等にするための、茶器)
・茶こし

茶器や細かい所作など、深堀すればきりがないのが中国茶ですが、「お茶を美味しくいれること」が一番大切にされています。


基本的な淹れ方

①お湯を一度沸騰させます。

80度のお湯を使う場合も、一度沸騰させましょう。沸騰させることにより硬度が下がり水がまろやかになります。また水道水を使用する場合はカルキの匂いが取れて、より香り高く淹れることが出来ます。


②茶器を温める(お湯を半分ほど入れる)


冷えた茶器にお湯を注ぐと10度近く温度が下がってしまいます。温度が低くなってしまうと香りを引き出しきれないことがあります。


③適量の茶葉を茶器に入れてお湯を注ぐ

・緑茶は苦味出やすいので80-85度
・白茶、花茶は90度
・それ以外の茶葉は100度
の熱湯でいれましょう。


④茶壺にお湯を回しかける

茶壺の中の温度が外気によって下がらないように、熱湯を少量回しかけます。
この手順は省略してもかまいません。


⑤30秒ほど蒸らす

お湯を注ぎ、30秒程度で茶海にお茶を移してください。茶海を使う事で、濃さが均一になり、茶葉が湯に浸かり続けるのを防ぎます。茶海が無い場合は、コップやマグカップでも代用が可能です。注ぐお湯の量を一度で出し切れる量にしてください。
※必須ではありませんがお湯の温度を高く保てれば、香り高いお茶を入れる事ができます。

③〜⑤を繰り返します。抽出時間は繰り返すたびに少しずつ長くしてみて下さい。


洗茶について

実は、③の工程の前に「洗茶」をはさむ場合があります。洗茶は茶器に入れた茶葉にお湯を注ぎ、数秒程度でそのお湯を捨てて茶葉をすすぐことを言います。

茶葉の加工や保管の環境が悪く泥やホコリが茶葉に混じっていたり、多くの農薬が使用されていた時期があったことからこのような習慣が生まれました。ただ、現在ではこのような問題はほとんどなくっているので、必ずしも必要なものでは無くなりましたが、洗茶にはもう一つメリットがあります。

それは、茶葉を開かせること。開かせるというのは、茶葉にお湯を通して香りをより引き出しやすい状態にするという意味です。固められている茶葉や、堅く揉み込まれた茶葉には洗茶をするのがオススメです。
※反対に緑茶は旨味が流れやすいので、洗茶をしないのが◎


「美味しい」は人によってさまざま

苦味や香りを強く出すのを「美味しい」と感じる方や、薄く控えめに出した方がより「美味しい」と感じる人もいるのでは。

・茶葉の量が多い→濃いお茶になる
・抽出時間が長い→濃いお茶になる
・温度が高い→香りを引き出しやすい反面、苦味や渋みも出やすくなる。

あまり難しいことは考えずに、自分の「美味しい」と思うお茶をご友人やご家族に振る舞ってみてもいいかもしれません。人生最初の1杯目、それがあなたの思い出になりますように。


Photo: Rintaro Kanemoto