買物

商品がありません

お買い物を続ける

中国茶の分類 | 花茶「見た目も美しい工芸茶は花茶の一種」

目次

中国茶は茶葉の発酵方法の違いにより、6種類に分類することが出来ます。そして、さらにもう1種類が存在しています。

それが「花茶」です。「中国茶といえば花が咲いたような、あれですよね」とよく言われるように、印象の強い花茶。

今回の記事では花茶とはいったいどのようなものなのかを説明していきます。

短時間で読めるように簡潔にまとめていますので、お茶を蒸らしている待ち時間にでもどうぞお楽しみ下さい。長く蒸らしすぎると渋みが出てしまうお茶もございますので、ゆっくりと読みたい方はお茶を片手にベッドに腰かけながらどうぞ。

【関連記事】中国茶の種類一覧と特徴について >







一般的な花茶の基礎知識



花茶とはその名の通り、花を使用したお茶です。しかし、花の使われ方は複数あり、中には少しみただけだと花茶だと分からないものもあります。どのような種類の花茶があるのかを下記にまとめてみました。


(花をそのまま飲むお茶)

これは花茶という名前の通り、乾燥した植物のお花をお湯で煎じて飲むものです。

花は蕾の状態で収穫されるのが一番香り良いタイミングと言われており、質の高いものは花が咲く直前に採摘されます。また、茶葉を使用している為、ノンカフェインで妊婦さんを始めとするカフェインを避けたい方にも安心して飲んでいただけます。

Haaでは杭白菊という菊のお花のお茶を取り扱っています。眼精疲労にも効くのでスマホの操作やパソコン仕事の多い現代人には、とてもおすすめです。

ex)菊花茶、薔薇茶、ハスの花茶


(花の香りを茶葉に吸着させたお茶)

ジャスミン茶がこのタイプでは一番有名なお茶。中国では茉莉花茶と呼ばれています。茶葉には周りの香りを吸収する特性が有り、それを活かして茉莉花の蕾の香りを何度も何度も吸着させます。

作られた産地によって多少の違いは有りますが、香りを移し終わった花は取り除かれることが多いので、見た目だけでは茉莉花茶かどうかは判断出来なくなります。

ジャスミンの花のお茶だと思われることが多いので、初めて茉莉花茶の茶葉を見た人は、驚くことでしょう。この他にも金木犀の香りを烏龍茶に移した、桂花烏龍茶などが有名です。

ex)茉莉花茶、桂花烏龍茶



並べられた杭白菊のティーバッグ

目でも楽しむ工芸茶とは?



透明なポットやグラスにフワフワと漂う、お花を使った芸術作品のようなお茶を目にしたことがありますか?

白茶や緑茶などの茶葉と、菊やマリーゴールドなどの花を丁寧に一つ一つ職人さんによって手作業で束ねて乾燥したもので「工芸茶」と呼ばれています。
お湯を注げば茶葉が開き、中から綺麗なお花が漂い出てくるので、目でも香りでも楽しむことの出来る美しいお茶です。

中国茶といえば花茶、花茶といえば工芸茶と連想されることの多いお茶ですが、上記で述べたように工芸茶は花茶のほんの一部といえます。

まだ取り扱いをしていない工芸茶ですが、気分を晴れやかにしてくれるお茶なのでどこかで見かけた際にはぜひお試しください。



ひとつまみの杭白菊

悩みに効く、身体に嬉しい効能も



花茶にも様々な種類がありますが、その中でも比較的手軽に入手が可能なものをご紹介します。


(茉莉花茶)

お花を使った中国茶でも一番の知名度を誇る、ジャスミン茶とも呼ばれるこちら。茉莉花の香気成分には女性ホルモンのバランスを整える成分が含まれており、女性特有の悩みを抱えている方に特に推したいお茶です。

Haaの茉莉花茶はとても旨味の強い茶葉を使用しているので、穏やかな夜にほっこりとしたひと時のお供にどうぞ。

ティーバッグはこちら >


(菊花茶)

菊のお花のみを使用したお茶です。花が開いているもの、閉じている蕾のもの、黄色いお花、白いお花と様々な種類があるのですが、小さな蕾のものが香りも強く高級品とされています。

いずれにしてもお花だけを使用しているのでカフェインが入っておらず、寝る前にも。眼精疲労やアンチエイジングの効果も期待出来ます。

ティーバッグはこちら >



コップに注がれた花茶お花とお茶はとても相性がよく、イラストレーター大島悠さんとの限定ポップアップも開催しました。

花に囲まれ、花のお茶を飲む。忙しい日常の中にそんな華やかでリラックスのできる時間を確保してみてはいかがでしょうか。



Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

中国茶の縁でつながる茶会「誰もが親しむお茶を通して広がる輪」
中国茶の縁でつながる茶会「誰もが親しむお茶を通して広がる輪」
お茶を愛する人たちはとても優しく、柔らかく、どこか丸い雰囲気のある方が多いようなそんな気がしま...
記事を読む
中国茶の分類 | 紅茶「中国紅茶の有名な品種や味の系統」
中国茶の分類 | 紅茶「中国紅茶の有名な品種や味の系統」
街中や商業施設を歩けば、紅茶専門店を目にすることも多いはず。日本にも紅茶の愛好家は非常に多く、...
記事を読む
オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
中国茶のティーバッグに使用される茶葉は比較的安価なもので、クオリティの高い茶葉はあまり使われて...
記事を読む
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
「中国茶はどのように健康に良いんですか?」こちらはよく寄せられる質問の一つです。この答えはとて...
記事を読む