買物

商品がありません

お買い物を続ける

中国茶の種類一覧「品種による違いや特徴について」

目次

柔らかな秋の褐色の景色から閑散とした冬への移り変わりと共に、薄手のジャケットから厚手のコートへと。

衣服と同じように飲みものに関しても、冷たいものではなく温かいものを飲む頻度が増えたのではないでしょうか。寒い時期の温かい飲み物は、単に身体を温める為に飲むわけではなく、何故か身体にスッと染み込んでとても美味しく感じますよね。

冬は「温かいお茶がより一層美味しく感じることの出来る季節」そう思い始めると、苦手だった冬がやって来るのが少し待ち遠しくなる気がします。


この記事は中国茶の種類を知るための第一歩。大きく「中国茶」とまとめられてしまうことが多く、どのような種類や特徴があるのか理解できない。そんな声をよく聞きます。そこで、全部で6種類+1種類(花茶)に分類がされている中国茶をわかりやすく説明します。

決してむずかしく専門性の高い内容にはしていませんのでお茶を片手にベットに横になりながら読むような気持ちで読んでみてください。







緑茶 | キレや爽やかな旨味



日本人にとっても身近な存在の緑茶ですが、中国茶にも緑茶があることは案外知られていないのではないでしょうか?中国茶といえば「烏龍茶」というイメージが湧くかもしれませんが、実は中国国内で最も生産、消費されているのは緑茶です。

緑茶は発酵を促す酵素の働きを止めるために、茶葉に熱を加える工程があります。そして、「中国茶の緑茶」と「日本茶の緑茶」ではその製法が少し異なります。


・中国の緑茶: 釜で炒って熱を与える → 様々な香り、キレ
・日本の緑茶: 蒸気で蒸して熱を加える → 旨味、深み


一概には言えませんが、コクや強い旨味を感じたいなら日本の緑茶。キレや爽やかな旨味を感じたいなら中国の緑茶。そう覚えておいても良いかもしれません。製法の違いによりそれぞれの長所を楽しむことができます。




(西湖龍井)

緑茶緑茶の最高峰。炒った豆のような香ばしい香りをお楽しみ下さい。アミノ酸含有量が他の緑茶よりも多く、上品でありながら強い旨味を感じる緑茶です。
産地: 浙江省

ティーバッグはこちら >


(安吉白茶)

茶葉の色が白味がかっている「白葉種」という品種の茶葉が使用されている緑茶です。春の新茶特有の、若々しくフルーティな香りをお楽しみください。
産地: 浙江省

ティーバッグはこちら >


烏龍茶 | 驚くような香りの広がり



「中国茶」という言葉を聞くと、「烏龍茶」というキーワードが頭に浮かぶのではないでしょうか。

しかし、中国茶全体での生産量は僅か10パーセント前後。沢山作られているものではありません。ではなぜ多くの人が烏龍茶に魅せられ、中国茶=烏龍茶のイメージを持っているのでしょうか。

烏龍茶はそのほとんどが福建省北部、福建省南部、広東省で生産されています。そして、その品種は1000種類近くまで分ける事が出来るとされています。同じ烏龍茶とでも、茶葉の形状、色、香りは産地や品種によって全く違うお茶と感じてしまうくらいの多様性があります。

驚くような香りの広がりを持つ烏龍茶は、中国茶の醍醐味でもある「香りを楽しむ」という点においては中国茶の王様のようなものかもしれません。

中国茶=烏龍茶のイメージを作り上げたペットボトルの烏龍茶は、日本ではコンビニで買える程とても愛されていますが、あれはまだまだ烏龍茶の入り口のようなものです。果実のような香りや花のような、大地の力強さを感じるような香りを持つ多種多様で美味しい烏龍茶が待っています。


(鳳凰単叢鴨糞香)

口に含んだ瞬間のマスカットや桃のような甘い芳醇な香り。その後に抜けるミルクのような濃厚な香りは「烏龍茶」のイメージをがらりと変えるはずです。
産地: 広東省

ティーバッグはこちら >


(岩茶春蘭)

春蘭はしっかりとしたボディを持ち、華やかさとナッツのような香ばしさが口の中いっぱいに広がります。岩茶はミネラル分、ポリフェノール類がとても豊富で、一口飲めば身体中がポカポカに。フワッと感じる心地の良い「茶酔い」を体験しやすいお茶でもあります。
産地: 福建省

ティーバッグはこちら >



ひとつまみの茶葉

花茶 | リラックスしたい時に最適



贅沢な気分に浸りたい、そんな時には花茶がおすすめです。
花そのものを煎じて飲む花茶(菊花茶、薔薇茶など)、花の香りを茶葉に移した花茶(茉莉花茶、桂花茶など)など種類は様々ありますが、どちらも花の生命力を感じる強い香りをまとっています。

花の香りには精神を落ち着かせる効果もあり、リラックスしたい時のアイテムとしても最適です。

グラスに咲いた花のようなお茶を見たことはありますか?
花や茶葉が手作業で編み込まれており、お湯を注ぐとひらいてその美しい姿を現す「工芸茶」と呼ばれるお茶があります。花がひらくと共に、芳しい花の香りに包み込まれます。

見ても、飲んでも、香っても。工芸茶も機会があれば試してくださいね。


(茉莉花茶)

緑茶をベースとしてるので、しっかりとした味わいと甘み。ペットボトルのジャスミン茶とは全くの別物です。
産地: 浙江省

ティーバッグはこちら >


(杭白菊)

杭州で採れる白菊のつぼみを使用したお茶です。花が咲く一歩手前で摘まれたものは「胎菊」と呼ばれ、一番高級で香りが富んでいます。菊花茶は漢方としても飲用されており、非常に身体に優しいお茶として中国では知られています。

ティーバッグはこちら >



紅茶 | 渋みが少なく、心地良い香り



深い深い紅茶の世界。

紅茶専門店を見かけたり、スーパーマーケットでティーバッグが販売されていたり。日本でもよく飲まれている紅茶は、生産量、消費量共に世界で一番です。
市場に出回っているものは、インドやスリランカ産のものが多く、中国で紅茶が作られているのを知らない方も多いのではないでしょうか。

中国の紅茶は香りがとても個性的で、バラ、シトラス、蜜、スイートポテトのような。渋みの少ない中国紅茶は喉にストンと落ち、心地良い香りが口の中に吐息と共に戻ってくるものがたくさんあります。

ミルクや砂糖など何も入れずに飲むことの多い中国紅茶ですが、美味しいお料理は素材の味で勝負をするように、一度飲めばなぜストレートで飲むのかを分かっていただけるに違いありません。新しい紅茶の魅力を発見していきましょう。


(滇紅大金芽)

苦味や渋みがほとんどなく、「スイートポテト」のような香りがする紅茶。茶葉が纏う金色の産毛は見ているだけで、贅沢な気分になれます。
産地: 雲南省

ティーバッグはこちら >



政和白茶寿眉の茶葉の拡大白茶 | 優しい華やかな香り



白茶?白いお茶?

「白茶」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれないですが、「White Tea」として欧米圏や中国国内でも非常に人気の高まっているお茶です。生産量は少ないものの、需要の増加により生産量は高くなってきています。

萎凋 (天日や室内で葉を萎れさせて、酵素を活性化させる事)と乾燥のみで仕上げ、茶葉に美しい白い産毛が見えることから白茶と呼ばれるようになりました。製法がシンプルなので、お茶の品質は加工技術と茶葉のクオリティに大きく左右されます。

美味しい白茶はまるで「最高級の白湯」を飲んでいるかのような、トロッとした柔らかい口当たりと非常に優しい華やかな香りを持ち合わせています。抗酸化作用が強く、お肌にとても良い「美容」のお茶としれも知られています。


(白牡丹)

精製後3年ほど熟成させており、香りも味もとてもまろやかに仕上がっています。ほんのり香る「お餅のような香り」と「紅茶」を連想させるような優しい香りを探してみてください。抗酸化作用もとても強く、二日酔いの際にも是非おすすめしたいとても優しいお茶です。
産地: 福建省

ティーバッグはこちら >



黒茶 | 微生物を利用して発酵



「黒茶」と呼ばれているこちらのお茶もあまり馴染みがないのではないでしょうか。「後発酵茶」とも呼ばれる「黒茶」ですが、では「プーアル茶」という名前には聞き覚えがありませんか?プーアル茶は黒茶のうちもっとも知名度のある種類です。

黒色に近い褐色を持つこのお茶は、茶葉に熱を加え自然発酵を止めた後、麹菌等の微生物を利用し発酵されたお茶です。香りのクセが強いものもあり好き嫌いの分かれるお茶ですが、微生物を使用しない製法もあり、とても飲みやすいお茶となっています。



茶杯に注がれたお茶ウッド系の香りや、トロピカルな香りなど香水にも人それぞれの好みがあるように、香りを楽しむ中国茶にもみなさんそれぞれの好みを見つける事が出来ると思います。緑茶でも烏龍茶でも白茶でも、まずは自分の好みの分類を見つけてみてはいかがでしょうか?

高いお茶や、美味しいと評価されているお茶が必ずしも自分にとって良いものだとは限りません。もっと自由に型にハマらず、自分が一番リラックス出来るようにお茶を楽しめばそれで良いと思います。その時の体調や気分に合わせて飲むお茶を変えてみるのも良いですね。

まだまだ寒さのピークではありませんが、今後のより一層お茶を美味しく感じる季節、自分の一番心地良い茶葉を見つけてみてください。


Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

お茶のある暮らしをさらに豊かに「ギフトや自宅のインテリアにも」
お茶のある暮らしをさらに豊かに「ギフトや自宅のインテリアにも」
Haaの写真を手がけていただいている写真家 金本凜太朗さん。金本さんの写真集が公式サイトで購入できるようになりました。レンズを通して金本さんが観る世界は、中国茶のようにどこか不思議で幾何学的。柔らかくて切ない。大人になってもう忘れてしまった、子供の頃に見たあの景色を思い出させてくれます。フワッと湯気が漂ってきそうな彼のアートワークは、Haaの世界観に今や欠かせない存在となっています。中国茶を片手にゆっくりと素敵な作品にふれてみてはいかがでしょうか? breath アートギャラリー、Gallery Sennenにて開催された同名の個展に合わせて制作したZine。初期から現在まで、ライフワークとして撮り続けているスナップ写真の中から厳選したものを掲載。何かをボーッと眺めていると見えてくる景色、というものがあるのではないだろうか。目を凝らしてみても、頑張って見ようとしてみてもだめ。ただ肩の力を抜いて、傍観者になってみる。探し出す景色ではなく、向こうからひょっこりとやって来る景色。見ようとしても見えないけども、見たことがある景色たち。金本さんらしさが凝縮された一冊です。この写真集を読んだ時に、数十年間忘れてしまっていた懐かしい匂いを、ふと思い出してしまいました。大人になってしまうってこういうことでしょうか。商品を見る > good times 人生ゲームから小さな部品を取り出し、架空の街を再構築・撮影したZine。小さなおもちゃの車が何気なく通り過ぎる小さなおもちゃの建物に、静かに息が宿った。電車の窓から見える見慣れた小さな屋根の下にも、色々なドラマが渦巻いているんだと、改めて思わされる。これは、金本さんにしか撮れない写真ではないでしょうか。誰にでも見える景色を、誰も見たことのない角度で切り取ってくれるのは金本さんらしいです。人生ゲームを大人になってから、しかもこんな形で楽しむことが出来るとは思いませんでした。でも、久しぶりにワイワイ人生ゲームをしながら夢を見たいですね。商品を見る > BOUCI 北海道の田園地帯に点在する、特徴的な形をした倉庫をミニマルに撮影したZine。誰の視界にも分け隔てなく飛び込んでくる景色。捨てるものと捨てないもの。人生とは情報の取捨選択の方法次第で、もう少しワクワクしながら生きることが出来るのではないかと思わされる一冊。北海道の大地に出向いて誰もが目線を向けるのは、空、川、森のような自然か、真っ直ぐに伸び続ける道だったりするのではないでしょうか。しかし、この写真集では、誰にも目を向けられることのない「倉庫」が主役になっています。倉庫の写真だけでこんなに満足することがあっていいのでしょうか。否、素敵なものというのは、取捨選択で無意識に捨ててしまうものの中にもしっかりと存在するのかもしれませんね。今まで勝手に不必要だと決めつけて、見落としていたことやもの。これからは一歩立ち止まって、もう少しゆっくりと人生の取捨選択を。商品を見る >スローな思考になれる時間への切符として、金本さんの写真集はいかがしょうか。大人になるとすっかり忘れてしまった子供の頃の感覚は、沢山ありますよね。子供の時には見えていたはずの景色、感じていたはずの空気感。金本さんの写真を観ると思い出させてくれます。仕事や子育てが忙しく、自分自身に目を向け忘れる大人世代にこそ読んで欲しい3冊です。インテリアとして家に置いておくだけでも、お部屋の空気が柔らかくなるのも嬉しいところです。これからも金本さんが撮影するHaaの写真も楽しみにしていてください。Photo: Rintaro Kanemoto中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。
記事を読む
中国茶イベントや講座を全国各地で開催「教室やワークショップ」
中国茶イベントや講座を全国各地で開催「教室やワークショップ」
「幸せなため息を、つこう」というコンセプトで上質な中国茶のティーバッグの販売を行っているHaa。茶器を持っていない方、お茶をゆっくりと入れる時間がない方、中国茶のことに興味があるけど右も左もわからない方。そんな方々に届いて欲しいHaaの中国茶。中国茶という嗜好品の世界への入り口に、または大切な人へのプレゼントに。とても奥の深い中国茶ですが、ティーバッグのオンライン販売だけではその良さを伝えきれない部分があります。そんな思いからポップアップイベントを不定期で開催し、中国茶の面白さや淹れたてのお茶の美味しさなどをお伝えしております。時にはお取り扱い店舗さんにお邪魔して、また別の機会では自分たちで一から企画をして。イベントの内容も様々で、ティースタンドのような気軽なものや、中国茶ペアリングのイベント、銭湯やクラフトジンといったお茶とは遠いところにあるようなものとのコラボまで。中国茶への敷居を低くし、中国茶の新たな楽しみ方を発見をしていただける企画を立ててきました。全てのイベントに共通しているのは、中国茶に触れたことのない人も、ある程度色々なお茶を飲んできた人でも楽しんで頂けるように企画を設計していることです。背筋をピンと伸ばしながら、流れる時間を楽しむような「静」の中国茶もあれば、お茶を片手に話して、笑って、写真を撮ってというような「動」の中国茶もあってもいいのかな、とそんなことを考えながら、企画をしています。この記事では今まで行なってきたイベントを数点紹介させていただきます。少しユニークなものもあるので、ゆるくて新しい刺激を探している方はぜひお声がけください。 中国茶スタンド カップ1杯から楽しめるティースタンドを、様々なイベントスペースやコワーキングスペースといった様々な場所で頻繁に開催しています。オリジナルティードリンクや初めての方でも違いの分かりやすい品種などを数種類用意し、お茶の話を交えながらお客さんの目の前で、丁寧に抽出いたします。リラックス効果の高い種類のお茶を揃え、会話のお供や仕事のお供にとても好評を頂いています。小さなスペースでも開催出来るので、アパレルブランドの展示会といった異業種が活動される場所にお呼びいただくことも。お茶のメディアのCHAGOCOROにも、とあるイベントの様子が掲載されておりますので見てみて下さいね。 新茶割 クラフトジンのブランド「HOLON」と共に、香りに特化したお茶割を提供するイベントを日本橋のBnAスタンドさんにて開催しました。中国茶の戻り香と、複雑なボタニカルが香るジンの組み合わせがとても好評を頂き、今後もマイナーチェンジを経て継続して開催予定。香りを楽しむだけでなく、素敵な音楽の下、お茶酔いとお酒での酔いが交差しとても心地の良いイベントとなりました。 もったいない風呂 高円寺の銭湯「小杉湯」さんにて定期で行っていたイベントです。捨てられてしまう中国茶を銭湯の入浴剤代わりに使用し、中国茶のお風呂に浸るというもの。中国茶がもつ保湿効果やミネラルでの保温効果を直に体験できると、毎回参加して下さるお客様も数えきれないくらいいらっしゃいました。中国茶のお風呂で温まったあとには、銭湯の軒先でお茶を提供し、文字通り中国茶を全身で体感できる日本でも唯一無二の催し物となりました。本日ご紹介させて頂いた催し物や、記載以外のイベントに足を運んで下さったことがある方々、本当にありがとうございます。何度も顔を出して下さる方もいて、毎回色々なお茶の話をさせていただけるのは私たちにとっても非常に嬉しいことです。中国茶の新たな知識や発見を手土産に、少しお茶酔いを感じながら、ふわっとした感覚で帰路につく。そんな催し物をこれからも続けていきたいと思います。これからもお茶の輪がどんどんと繋がって、幸せなため息が日本の隅々まで、より多くの方々のところに広がっていきますように。場所を提供してくださる方や、コラボ等の企画はお声かけ下さい。柔らかく良い香りのする催し物を、一緒に企画いたしましょう。Photo: Rintaro Kanemoto中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。
記事を読む
中国茶と甘さの関係性「おすすめのスイーツやアレンジティー」
中国茶と甘さの関係性「おすすめのスイーツやアレンジティー」
仕事から帰宅しソファに座った瞬間に、疲れがずーんっと襲ってきて、身体がソファに溶けて沈んでしまいそうな感覚を経験したことがありますか?そんな時に摂取する甘い食べ物や飲み物は何にも替え難く、身体の隅々の細胞までが糖分を必要としてたんだ、と気づかされてしまいます。とはいえ現代では疲れていない時でもついつい甘いものを口に運んでしまい、私たちの生活から甘いものは切っても切れない関係となっているように思えます。ちょっと罪悪感を感じながらも、一口、また一口とどんどんと口に運ばれていくスイーツや甘い飲み物。その罪悪感が最後ひとつまみのスパイスのように、より一層美味しさの上乗せになってしまうのも罪なものです。そんな経験をしたことのあるみなさまへ、我慢はほどほどに中国茶をお供にしてみませんか?スイーツに相性の良い中国茶を合わせると、ペアリングの効果によってスイーツとお茶のどちらもより美味しく感じるだけでなく、より健康的に甘いものを楽しむことができます。様々な種類のある中国茶ですが、血糖値の急上昇を抑えたり、脂肪の吸収を抑制してくれるものもあり、太りにくくする手助けをしてくれます。とはいえ、甘いものの食べ過ぎでは身体が喜ばないので、お茶もスイーツも適度な量を楽しんでくださいね。 中国茶にぴったりなスイーツ 中国茶の種類ごとにオススメのスイーツを選定してみました。お茶請け選びに困った際にはこちらを参考にしてみて下さい。(紅茶)紅茶のポリフェノールには血糖値の急上昇を抑える効果があり、甘いものと一緒に飲むと、糖尿病や肥満に繋がりにくくなります。また紅茶には濃厚な味や香りのものが多いので、同じ様に甘みや香りの強いものと好相性です◎ミルク系のスイーツとも相性が抜群。オススメのスイーツ:マドレーヌ、カヌレ、ワッフルなど(烏龍茶)烏龍茶には烏龍茶特有のポリフェノールが含まれています。ペットボトルで見かけるトクホの烏龍茶も、こちらのポリフェノールの効果によるもの。脂肪の吸収を抑えてくれるので、油分の強いスイーツを食べる際にはオススメです。烏龍茶の複雑で香ばしい香りが、ナッツ系のスイーツとの相性も。烏龍茶にも様々な発酵度のものがありますが、色の濃い烏龍茶の方が脂肪の吸収を抑える効果がより高いです。オススメのスイーツ:フロランタン、モンブランなど(黒茶 プーアル茶)黒茶というジャンルのお茶は菌を利用して発酵させたお茶で、日本ではプーアル茶が一番有名です。少し癖のある香りが特徴の黒茶ですが、肥満対策の効果は中国茶でもピカイチです。味や香りの好みが分かれてしまうお茶ですが、好きな人には嬉しい効果が沢山あるお茶です。お肉やワインなんかと合わせるのもとても粋なのですが、渋みや苦味が非常に弱いお茶ですので、スイーツであればそこまで甘みが強くなく、深い味わいのものがとても相性が良いです。オススメのスイーツ:ビターチョコレート、豆腐ドーナッツなど 中国茶を甘く簡単にアレンジ 中国茶は基本的には無糖で飲む飲み物です。しかし近年ではタピオカミルクティー、チーズティー、フルーツティーといったように、様々なアレンジで甘い飲み物へと進化して、皆様の手元に届くことも増えてきました。お茶のリラックスを感じながら、甘みを存分に楽しめるのが嬉しいですね。おうちで簡単に出来るアレンジティーの紹介です。ミルクティーはこれからの季節に最適ですね。ここでは紅茶を使ってのミルクティーの作り方を紹介していますが、華やかな香りの烏龍茶でも美味しく作ることが出来ます。取り扱っている烏龍茶ですと、鳳凰単叢鴨屎香で作ってみるのもおすすめです。ミルクティーを作る際は、いつもよりほんのり濃いめに抽出してみてください。ミルクティーのレシピはこちら > 中国茶そのものの甘みを楽しんで 甘いものはあまり食べない、好きじゃない、食べたいけども今は我慢。そんな方はゆっくりと集中して中国茶を味わってみてください。とても優しく深い甘さを感じることができます。この甘みはお茶に含まれるアミノ酸が寄与しており、特にテアニンというアミノ酸が深く関わっています。テアニンは昆布等に含まれているグルタミン酸という旨味成分と似ており、また強いリラックス効果を持っています。テアニンは特に緑茶や、芽の部分を多く使用した白茶に特に含まれています。白牡丹がテアニンを多く含んでいるので、優しい自然の甘みを体験してみたい方はぜひお試しください。みんな大好きな甘い食べ物や飲み物。今回の記事では少しでもヘルシーに楽しめるような方法をご紹介させていただきました。それでもやはり摂りすぎは身体の不調を招いてしまいます。適量をゆっくりと。それを忘れずに。たまには甘くて美味しいものを食べながら幸せなため息を、は〜っとついてみてはどうでしょうか。Photo: Rintaro Kanemoto中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。
記事を読む
秋の夜長に飲みたい中国茶は「味わいの違いや時間帯での選び方」
秋の夜長に飲みたい中国茶は「味わいの違いや時間帯での選び方」
夏の厳しい暑さが少しづつ落ち着いて、だんだんと過ごしやすい気候になってきましたね。今回の記事では、これからの季節におすすめの中国茶と、Haaが提案する時間帯に合ったお茶の選び方をご紹介いたします。 秋にも収穫されるお茶 3月終盤から5月にかけての「新茶」の時期を待ちわび、その年の最初のひと口をにこにこしながら口に含むようになれば、あなたも立派なお茶ファンの仲間入りかもしれません。新茶が持つ優しい口当たりと気高い香りが、春の訪れを教えてくれます。しかし、中国のお茶の収穫の時期は春の新茶の時期だけではないと知っていましたか?緑茶に関しては基本的に春の収穫1回だけとなります。しかし、有名な烏龍茶のひとつである鉄観音茶は、春と秋に収穫の時期を迎えます。また、こちらも広東省の有名な烏龍茶である鳳凰単叢は、春だけでなく秋や冬にも収穫されます。同じ木から摘まれた茶葉であっても、春と秋では味わいや香りが異なるのがとても面白いです。また、紅茶の収穫時期は夏に行われることもあり、中国の国土の広さと品種の多さを実感させられますね。 秋におすすめな茶葉 (鳳凰単叢蜜蘭香)蜜蘭の香りという名前のお茶ではありますが、焙煎の香ばしい香りとライチのような芳醇な香りを楽しめます。味のバランスが非常に良く、個性的で甘美な香りを兼ね備えているので、初心者の方にもおすすめです。ティーバッグはこちら >(鳳凰単叢鴨屎香)苦味や渋みが弱く、飲み口はとてもすっきりしている一方で、口の中にしばらく残る程の強い芳香を持つこの品種は、日本でも愛好家が多く存在します。口に含んだ瞬間のマスカットや桃を想起させる甘い芳醇な香りと、その後に抜けるミルクのような濃厚な香りは、これまでの「烏龍茶」のイメージを大きく覆すはずです。ティーバッグはこちら > 空の色に合わせて中国茶を 「どんなお茶がオススメですか?」という質問を受けることが多いですが、お茶を選ぶ際に、絶対という基準は何も無く、自分の飲みたい気分に合わせて飲むのが、やはり一番です。中国茶は種類も多く味や香りの幅も広いので、寝起きであっても、風邪をひいていたとしても、どんなシチュエーションでもスッと身体に入ってくるお茶があるはずです。しかし、お茶の種類が多すぎて、未だに試したことのないお茶が多くあることがお茶選びを難しくさせます。例えば白茶は量販店などで手に入りにくく、試す機会が未だに無いという人も多いでしょう。白茶を飲んだことがあったとしても、「白豪銀針」「白牡丹」「寿眉」のように、使用されている茶葉の部位により味わいが大きく異なることもあります。また、発酵が進んでいる白茶であれば、水色も濃く白茶というより紅茶のような雰囲気を感じるかもしれませんね。そこで提案をしたいお茶の選び方は、「空の色に合わせてお茶を選ぶ」という方法です。空が明るい「朝〜昼」の時間帯や、綺麗に晴れた天気の日には、水色が明るく淡いお茶を。例えば緑茶や弱発酵の白茶などです。薄い色のお茶は、飲み口がスッキリとした傾向があるので、軽やかに過ごしたい午前中の時間をサポートしてくれるはず。また、色が薄いとカフェインが少なそうに見えますが、意外とカフェイン含有量が高いものも多く、活動的な時間にピッタリかもしれません。西湖龍井、碧螺春、白豪銀針(若いもの)日が少しずつ傾き始める「昼〜夕」の時間帯や、太陽が雲から出たり入ったりするような天気の日には水色も色のついているお茶を。発酵や焙煎があまり強くない烏龍茶や、数年熟成させてある白茶なんかはどうでしょうか。飲みごたえもあり、香りをハッキリと楽しめるお茶が多いです。香りのハッキリとしたお茶を飲むと、一時的にですが嗅覚に集中が向くので、仕事の合間に頭を切り替えたい、そんなスイッチの役割を果たしてくれるでしょう。安渓鉄観音、鳳凰単叢鴨糞香、白牡丹(3~5年熟成)日が落ち、夜が顔を覗かせるこのタイミング「夕〜夜」。暗い空の色に合わせて、色の濃いお茶を選んでみるのは如何でしょうか。お茶の色が濃くなるということは、そのお茶は発酵が進んでいるか、焙煎がしっかりとされているかのどちらかになります。発酵が進んでいたり、焙煎がしっかりされていると、飲んだ際にカフェインの影響も緩やかになるといわれています。その為、夜は寝れなくなるのでお茶を飲まない、という方でも色の濃いお茶であれば大丈夫。そんな声も多く聞きます。また、色の濃いお茶は重厚な香り、味わいのものが多いのでまったりとした夜の時間を楽しむお供には最適です。色の濃い中国茶で、いつもより少しリッチな夜の時間を過ごしてみるのはどうでしょうか。武夷岩茶、鳳凰単叢蜜蘭香、正山小種このような選び方はあくまでもお茶を選ぶ基準の一つですので、朝に紅茶が飲みたい時は、もちろん紅茶を楽しんでください。とはいえ、とても高価な烏龍茶や紅茶はリラックス成分が強すぎるので、朝に飲んでしまうと仕事が手につかなくなる、なんてことにもなってしまうかも。カフェイン耐性、リラックス成分への耐性もそれぞれなので、今までお茶を飲んで元気が出なかったり、寝れなくなったことがある、という方はこちらの選び方を試してみてはいかでしょうか。気温もだんだんと落ち着いてきて、日の長さも短くなり出す晩夏初秋。夏にぴったりの軽やかなお茶もまだまだ美味しい時期ですが、もう少しだけ落ち着いたお茶はいかがでしょうか?華やかさと落ち着きを兼ね備えた、広東省の代表的な烏龍茶である鳳凰単叢はこれからの時期にぴったりです。Photo: Rintaro Kanemoto中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。
記事を読む