買物

商品がありません

お買い物を続ける

中国茶の分類 | 紅茶「中国紅茶の有名な品種や味の系統」

目次

街中や商業施設を歩けば、紅茶専門店を目にすることも多いはず。日本にも紅茶の愛好家は非常に多く、専門店に行けば聞いたこともないような多様な紅茶の種類に目を丸くするのではないでしょうか。

紅茶は様々な国の文化にも結びついており、中国からシルクロードを辿ってヨーロッパまでのルートを旅する機会があれば、色々な形で紅茶が楽しまれているのを身をもって体験することでしょう。

インドではミルクやスパイスを入れた濃厚なチャイとして、トルコでは綺麗な装飾が施されたガラスのグラスに注がれて、イギリスではどこの家庭にもティーバッグの紅茶が置いてあるように。

紅茶はユーラシア大陸の生活文化とは、既に切っても切れない蜜月の関係となっています。そんな全世界で愛されている紅茶の発祥はいったいどこの国なのでしょうか?

紅茶を買った時にパッケージの裏のラベルを見たことがある人は、その多くにインドやスリランカ、アフリカ大陸のケニアが原産国と書いてあったのではないでしょうか。実際に紅茶の生産の過半数以上がこれらの地域であり、世界で売られている紅茶の多くがこれらの国で生産されています。ではこれらの国のどこかが紅茶の発祥なのでしょうか。

いえいえ、実は紅茶の発祥は、お茶の発祥と同じ中国なのです。紅茶が中国で生産されているイメージはあまり持たれることがなく、少し不思議な気がするかもしれませんが、烏龍茶で有名な中国の福建省が紅茶の発祥の地であるとされています。中国では今でもとても優秀な紅茶が生産されており、人気も需要も近年どんどん高くなっています。

今回の記事ではそんな中国紅茶の世界について、少しだけご紹介させて頂きたいと思います。おうちのどこかに甘いお菓子はございませんか?Haaの紅茶でお菓子の甘さを流し込みながら、そして一息つきながら、こちらの記事をどうぞ。







一般的な紅茶の基礎知識



紅茶とは一体どのようなお茶なのでしょうか?緑茶との違いはなんでしょう?

日常にあるものだからこそ、どのように作られているかを気にすることは少ないかもしれませんね。お茶のことに関心がある方は、紅茶が「完全発酵茶」として知られていることを知っているかもしれません。しかし、これは半分正解なのですが、半分不正解。なのでもう少しだけ紅茶について深掘りをしてみましょう。

緑茶、烏龍茶、紅茶、白茶など全てのお茶についてそうなのですが、どのお茶として区分されるかは、どのような過程を踏んで製造されたかで決まります。
例えば烏龍茶であれば


1.茶葉を収穫後、萎凋(香りを出す為に葉を萎れさせる)
2.揺青(葉を揺らして発酵を促す)
3.青殺(発酵を止める為に火入れ)
4.揉捻(揉んで形を整える)
5.乾燥
6.焙煎(しないものもあります)


上記の工程を踏んで製造されたものを烏龍茶と呼びます。
そして、紅茶に関しては以下の工程の流れを経たお茶が紅茶と呼ばれます。


1.茶葉を収穫後、萎凋(香りを出す為に葉を萎れさせる)
2.揉捻(茶葉を揉む)/ 揉切(茶葉を切り刻む)
3.発酵(茶葉を放置し発酵を進める)
4.乾燥
5.焙煎(しないものもあります)


少しややこしくなってしまうのですが、紅茶の製造過程を経ても、発酵させる長さによっては完全に発酵させない種類のお茶もあり、反対に烏龍茶の製造過程を経ているにも関わらず、とても発酵が進んでいるものもあります。

インドのダージリン紅茶にはファーストフラッシュという、紅茶なのにあまり発酵が進んでいなく茶葉が緑色に近い一番茶があります。香りも果実のような芳醇な香りをしており、紅茶と知らなければ気づかないことでしょう。
また台湾の東方美人という烏龍茶は発酵度がとても高く紅茶のような濃厚な香りを醸し出しています。このように紅茶のほうが発酵が弱く、烏龍茶のほうが発酵が進んでいるという発酵度の逆転現象が起こってしまうことも、例外ですが見受けられます。

最後に少しだけお茶において使われる「発酵」という言葉について、付け加えさせていただきます。紅茶が「完全発酵茶」、烏龍茶が「半発酵茶」と呼ばれるように、お茶の世界では発酵という言葉が多く登場します。しかしこのお茶の「発酵」が意味するのは、皆さんがお漬物などの発酵食品を想像するときの発酵とは意味が異なっています。

発酵なのに発酵ではない?と、混乱してしまった方は大変申し訳ありません。

発酵食品等で使用される「発酵」は微生物の力によって、元の食品を変化させる現象のことです。納豆は匂いやテクスチャーの変化も相まって、微生物が関わってるのがひしひしと伝わりますよね。

一方で、お茶の発酵は茶葉自体がもつ酸化酵素が、お茶自体に含まれるポリフェノールを変質(酸化)させる事を言います。分かりやすく説明すると、お茶自体がお茶の成分を変化させる現象のことと言えるでしょう。

茶葉をたくさん刺激して、ポリフェノールが沢山変化することによってお茶の色が濃くなり、紅茶に近づいていくイメージで考えれば問題ありません。



中国茶が注がれたテイクアウトカップ中国紅茶の世界について



中国にも有名な紅茶の産地がいくつも点在しています。それぞれの産地で有名な品種や味の系統がありますが、本日は覚えていて損はない中国紅茶の有名な産地を3つご紹介いたします。


(安徽省)
世界三大紅茶としても知られる「祁門紅茶」を生産する安徽省は、中国の東部に位置しています。「キーマン紅茶」「キームン紅茶」「キーモン紅茶」と日本では色々な読まれ方をしますが、どれも同じ紅茶のことを指しますので、混乱しそうになってもご安心ください。

中国の歴史ある銘茶の10選である「中国十大銘茶」を3種も有する安徽省は、名実共にお茶の名産地です。「祁門紅茶」も十大銘茶のひとつであり、中国国外でも愛され続けている紅茶として知られています。上質なものは「祁門香」とよばれる蜜のようであり、華々しくもある独特の香りをもっています。

(福建省)
烏龍茶のイメージが強い福建省ですが、紅茶の生まれ故郷は福建省と言われています。「正山小種」や「金駿眉」といった軽やかで香りのとてもよい上質な紅茶が生産されている地域です。この地域では近年品種改良によって、どんどんと美味しくて新しい紅茶が誕生しています。

(雲南省)
プーアル茶というお茶の名前を耳にしたことがある人は多いはず。雲南省はプーアル茶を始めとする「黒茶」 の大産地として知られています。一方で、雲南省は紅茶の産地としても知られています。雲南省で作られる紅茶は「滇紅」とも呼ばれ、他の紅茶とは違い、プーアル茶と同じ葉の大きいお茶の品種が使われているのが特徴です。

蜂蜜やさつま芋のような、甘い香りを感じるものも多く、テンの毛皮のような黄金の産毛で覆われている美しい茶葉もハイライトの一つです。



ひとつまみの滇紅大金芽の茶葉美味しい淹れ方とシーン選び



紅茶を薬膳的な視点でみた時には、身体を温める飲み物として取り扱われます。このお茶は身体を温めるのか冷ますのかどっちだろうと迷った時は、濃い色のお茶は身体を温める、と覚えておくと簡単でいいかもしれません。

色の濃いお茶は重たいボディと落ち着いた香りを持つものが多く、明るい色のお茶と比べて夕方〜夜に飲むのに適しているのではないでしょうか。お茶を選ぶ時に、空の色とお茶の水色のトーンが合うようにお茶を選ぶと、スッと心身へと馴染むお茶を選ぶことができるはずです。明るい色の白茶は朝〜昼に、濃い色の烏龍茶や紅茶は夕方や夜に。というようにです。

中国紅茶は渋みや苦味が少ないものも多いので、ミルクや砂糖を加えないでそのまま飲んでも美味しくお飲み頂けます。ミルクティーとしてももちろん美味しく飲んでいただけますが、その際に砂糖ではなく蜂蜜を使用してみてはいかがでしょうか?蜂蜜の奥行きと中国紅茶の高貴な口触りが、驚くほど立体感のある香りを織り成します。



マグカップに注がれた中国茶の波紋身近だからこそ知る機会がない、そんな紅茶について少しは詳しくなって頂けましたでしょうか?コロナが落ち着いてきた頃に海外を訪れる機会があれば、今回の紅茶の解説を少し思い出して見てください。おもてなしされた、その一杯がより美味しく感じられるかもしれません。

一方、日本ではあまり馴染みのない中国紅茶ですが、この記事を通してすこしでも興味を持って頂けたら大変嬉しいです。やはりお茶大国の中国。紅茶特有の渋みが全然ないもの、お芋やお花のような香りのするもの。今までの知っている紅茶の概念を覆してくれるような優秀な紅茶が中国茶には沢山あります。

少しでも中国紅茶のファンが増えますように。



Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
中国茶のおしゃれでかわいい茶器セット「種類や使い方まで」
「中国茶を淹れるのは難しそう。どんな茶器を使えば良いのか分からない」中国茶に興味を持ってくださ...
記事を読む
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国茶の分類 | 緑茶「中国と日本の緑茶の違いと魅力」
中国国内で一番作られていて、一番飲まれているお茶の種類はなんでしょうか?お湯が沸くまであと少し...
記事を読む
中国茶の成分と嬉しい効能「美容や健康に役立つ効果」
中国茶の成分と嬉しい効能「美容や健康に役立つ効果」
最近では、美容や健康を目的として中国茶をお探しになる方も多いように感じます。ピンポイントな効能...
記事を読む
中国茶をもっと楽しむ「ティーペアリングの魅力を体験」
中国茶をもっと楽しむ「ティーペアリングの魅力を体験」
みなさんはペアリングという言葉を聞くとワインを思い浮かべるかもしれません。また、小難しい話が多...
記事を読む