買物

商品がありません

お買い物を続ける

秋の夜長に飲みたい中国茶は「味わいの違いや時間帯での選び方」

目次

夏の厳しい暑さが少しづつ落ち着いて、だんだんと過ごしやすい気候になってきましたね。今回の記事では、これからの季節におすすめの中国茶と、Haaが提案する時間帯に合ったお茶の選び方をご紹介いたします。







秋にも収穫されるお茶



3月終盤から5月にかけての「新茶」の時期を待ちわび、その年の最初のひと口をにこにこしながら口に含むようになれば、あなたも立派なお茶ファンの仲間入りかもしれません。新茶が持つ優しい口当たりと気高い香りが、春の訪れを教えてくれます。しかし、中国のお茶の収穫の時期は春の新茶の時期だけではないと知っていましたか?

緑茶に関しては基本的に春の収穫1回だけとなります。

しかし、有名な烏龍茶のひとつである鉄観音茶は、春と秋に収穫の時期を迎えます。また、こちらも広東省の有名な烏龍茶である鳳凰単叢は、春だけでなく秋や冬にも収穫されます。同じ木から摘まれた茶葉であっても、春と秋では味わいや香りが異なるのがとても面白いです。

また、紅茶の収穫時期は夏に行われることもあり、中国の国土の広さと品種の多さを実感させられますね。



茶杯に入れられた滇紅大金芽の茶葉秋におすすめな茶葉



(鳳凰単叢蜜蘭香)

蜜蘭の香りという名前のお茶ではありますが、焙煎の香ばしい香りとライチのような芳醇な香りを楽しめます。味のバランスが非常に良く、個性的で甘美な香りを兼ね備えているので、初心者の方にもおすすめです。

ティーバッグはこちら >



(鳳凰単叢鴨屎香)

苦味や渋みが弱く、飲み口はとてもすっきりしている一方で、口の中にしばらく残る程の強い芳香を持つこの品種は、日本でも愛好家が多く存在します。口に含んだ瞬間のマスカットや桃を想起させる甘い芳醇な香りと、その後に抜けるミルクのような濃厚な香りは、これまでの「烏龍茶」のイメージを大きく覆すはずです。

ティーバッグはこちら >



やかんで沸かされる水空の色に合わせて中国茶を



「どんなお茶がオススメですか?」という質問を受けることが多いですが、お茶を選ぶ際に、絶対という基準は何も無く、自分の飲みたい気分に合わせて飲むのが、やはり一番です。中国茶は種類も多く味や香りの幅も広いので、寝起きであっても、風邪をひいていたとしても、どんなシチュエーションでもスッと身体に入ってくるお茶があるはずです。

しかし、お茶の種類が多すぎて、未だに試したことのないお茶が多くあることがお茶選びを難しくさせます。例えば白茶は量販店などで手に入りにくく、試す機会が未だに無いという人も多いでしょう。白茶を飲んだことがあったとしても、「白豪銀針」「白牡丹」「寿眉」のように、使用されている茶葉の部位により味わいが大きく異なることもあります。また、発酵が進んでいる白茶であれば、水色も濃く白茶というより紅茶のような雰囲気を感じるかもしれませんね。


そこで提案をしたいお茶の選び方は、「空の色に合わせてお茶を選ぶ」という方法です。


空が明るい「朝〜昼」の時間帯や、綺麗に晴れた天気の日には、水色が明るく淡いお茶を。

例えば緑茶や弱発酵の白茶などです。薄い色のお茶は、飲み口がスッキリとした傾向があるので、軽やかに過ごしたい午前中の時間をサポートしてくれるはず。また、色が薄いとカフェインが少なそうに見えますが、意外とカフェイン含有量が高いものも多く、活動的な時間にピッタリかもしれません。

西湖龍井、碧螺春、白豪銀針(若いもの)


日が少しずつ傾き始める「昼〜夕」の時間帯や、太陽が雲から出たり入ったりするような天気の日には水色も色のついているお茶を。

発酵や焙煎があまり強くない烏龍茶や、数年熟成させてある白茶なんかはどうでしょうか。飲みごたえもあり、香りをハッキリと楽しめるお茶が多いです。香りのハッキリとしたお茶を飲むと、一時的にですが嗅覚に集中が向くので、仕事の合間に頭を切り替えたい、そんなスイッチの役割を果たしてくれるでしょう。

安渓鉄観音、鳳凰単叢鴨糞香、白牡丹(3~5年熟成)


日が落ち、夜が顔を覗かせるこのタイミング「夕〜夜」。

暗い空の色に合わせて、色の濃いお茶を選んでみるのは如何でしょうか。お茶の色が濃くなるということは、そのお茶は発酵が進んでいるか、焙煎がしっかりとされているかのどちらかになります。発酵が進んでいたり、焙煎がしっかりされていると、飲んだ際にカフェインの影響も緩やかになるといわれています。

その為、夜は寝れなくなるのでお茶を飲まない、という方でも色の濃いお茶であれば大丈夫。そんな声も多く聞きます。

また、色の濃いお茶は重厚な香り、味わいのものが多いのでまったりとした夜の時間を楽しむお供には最適です。色の濃い中国茶で、いつもより少しリッチな夜の時間を過ごしてみるのはどうでしょうか。

武夷岩茶、鳳凰単叢蜜蘭香、正山小種


このような選び方はあくまでもお茶を選ぶ基準の一つですので、朝に紅茶が飲みたい時は、もちろん紅茶を楽しんでください。とはいえ、とても高価な烏龍茶や紅茶はリラックス成分が強すぎるので、朝に飲んでしまうと仕事が手につかなくなる、なんてことにもなってしまうかも。

カフェイン耐性、リラックス成分への耐性もそれぞれなので、今までお茶を飲んで元気が出なかったり、寝れなくなったことがある、という方はこちらの選び方を試してみてはいかでしょうか。



マグカップに注がれた中国茶の波紋気温もだんだんと落ち着いてきて、日の長さも短くなり出す晩夏初秋。夏にぴったりの軽やかなお茶もまだまだ美味しい時期ですが、もう少しだけ落ち着いたお茶はいかがでしょうか?華やかさと落ち着きを兼ね備えた、広東省の代表的な烏龍茶である鳳凰単叢はこれからの時期にぴったりです。


Photo: Rintaro Kanemoto



中国茶専門店Haaは、公式通販オンラインストアにて販売しています。最新のブランド情報はニュースレターにご登録をいただくか、インスタグラムのご確認をお願いいたします。

関連

オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
オンライン通販で好みの中国茶を「気軽にマグカップで」
中国茶のティーバッグに使用される茶葉は比較的安価なもので、クオリティの高い茶葉はあまり使われて...
記事を読む
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
中国茶の分類 | 白茶「優しい甘さか味わい深い喉越しか」
「中国茶はどのように健康に良いんですか?」こちらはよく寄せられる質問の一つです。この答えはとて...
記事を読む
中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶に難しい作法は不要「上質な茶葉をティーバッグで」
中国茶専門店Haaのリリースから一周年のタイミングで、パッケージデザインを全面リニューアルいた...
記事を読む
中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
中国茶の分類 | 烏龍茶「青茶とも呼ばれる多種多様な個性」
飲食店やコンビニなど様々なシーンで目にするペットボトルの烏龍茶は、日本人にとって身近なお茶の一...
記事を読む